ひきこもり研究

ひきこもり支援・研修会

支援の流れ

  1. 支援の申込み

     支援のお申込みをされる方は,プログラム参加者募集をご覧いただくか,もしくは,徳島大学臨床心理相談室(tel:088-656-9849,eメールアドレス:soudan@ias.tokushima-u.ac.jp)にご連絡下さい。

  2. 事前面接

     事前面接では今までの経緯や現在の状態等をお聞きして,支援のことを含めてこれからのことについて話し合います。

  3. 支援方法

     事前面接の結果をもとに,支援対象者と臨床心理士が相談して,支援方法を決めます。支援プログラムについては下記に各プログラムの説明がありますので,ご覧下さい。

  4. 支援開始

     支援方法が決定したら,プログラムに沿って支援が始まります。



支援プログラム

  1. 行動活性化療法プログラム
     ひきこもり状態にあるご本人を対象とした支援です。
    この支援では,主に個別にて行動活性化療法プログラムを行います。
    やる気向上を目的とし,行動活性化療法を用いた介入により,自分の価値に沿った行動について実践していきます。
  2. コミュニティ強化と家族訓練(CRAFT)プログラム
     ひきこもり状態にある人のご家族を対象とした個別支援です。
    家族自身の負担の低減,家族関係の改善,ご本人の相談機関の利用の促進を目的としたCRAFTプログラムを行います。
  3. その他個別支援
     個別でのカウンセリング(有料:1回50分1000円)も受け付けております。

Q&A

  • Q1. どこで活動をしていますか?
     A1.主に徳島大学臨床心理相談室(総合科学部3号館2階)で行います。
        正面玄関を入り,右の階段を上って,右手の角にあります。
        お車でお越しの方は,総合科学部東門から入構して下さい。

        詳しくは,臨床心理相談室(088-656-9849)までお電話ください。

  • Q2. どんな活動をしていますか?
     A2主に個別プログラムを行います。
       
  • Q4. 一回の時間はどのくらいかかりますか?
     A4.所要時間はプログラムによって異なります。
        CRAFTプログラムは一回90分間程度,
        その他の個別支援は一回50分間程度,
        となっています。

  • Q5. 利用できる日時はいつですか?
     A5.利用日は月曜日〜金曜日です。
        利用時間は10時〜19時です。

  • Q6. 料金はおいくらですか?
     A6.どのプログラムも無料で受けることができます。
        ただし,初回面接(プログラムを希望される方にも実施します)と個別カウンセリングは1回1000円となっています。

  • Q8. 個人情報,相談内容はどのように扱われますか?
     A8.あなたのプライバシーの保護,データを保存したコンピュータの管理は,責任を持って
        行い,第三者があなたのデータを持ち出すことはありません。
        お書き頂いた氏名と連絡先は,セッションの日時や場所の連絡および測定結果をお渡し
        する際に利用しますが,セッションが終わり次第,鍵のかかる保管庫で5年の間保存し,
        その後,シュレッダーを用いて破棄します。

        また,この支援で得られたデータや結果を含めたあらゆる個人情報は統計処理を施し,
        匿名化され,あなたのプライバシーを保護した上で,学術論文や学会発表など科学的目的
        で,使用することがあります。
        しかし,個人的な情報が本人の許可なく公表されるようなことは決してありませんし,
        あなた個人が特定されてしまうことは一切ありませんので,ご安心下さい.

  • Q9. 支援を受けるメリット・デメリットにどのようなものが考えられますか?
     A9.支援を受けるメリットとしては,心理的健康の向上,家族機能の改善が考えられます.
        支援を受けることで予想されるデメリットとしては,本支援で行う測定により自分の状態
        を知った時に落ち込みや焦りが生じる可能性が考えられること,セッションに伴って家族
        関係が変化することに伴う一時的なご本人と家族との確執が発生する可能性があること,
        などが考えられます.
        支援中に気分の低下などを感じた場合や,支援終了後に異常が認められた場合にはご連絡
        下さい.

  • Q10. 支援を途中で止めることはできますか?
     A10.はい,できます.
        いつでも止めることができますので,その旨をお伝えください.


その他質問・疑問等がございましたら,連絡先までお気軽にご連絡ください。



研修会

研究会

 臨床心理士,精神保健福祉士,医師,社会保険福祉士,看護師,行政の方など,さまざまな領域で働いておられる専門家の方が集まり,月1回の間隔でひきこもり研究会を開催しています。
主に,ひきこもりに関する話題提供,事例報告や研究発表,文献紹介や意見交換を行っています。
クローズ形式の会は守秘義務を守れる方のみ,オープン形式はどなたでも参加できます。

講演会

 専門家の先生を県外からお呼びし,講演会を行っています。
講演会の日程や参加者募集等は適宜HPやブログにて詳細を記述しています。


 これまでに開催された各種研修会・講演会につきましては, 境泉洋研究室HP「社会活動」 をご覧下さい。
 また,今後開催予定の各種研修会・講演会についての詳しい内容は, ブログ をご覧下さい。