「国際教養」とは、国際キャリアに生かせる知識とスキル、文化的見識と経験です。
国際ビジネスで使える英語力と世界の金融市場についての知識だけでは、国際人とは言えません。
世界の歴史や文化について、自分のテーマを持って深く学び、他の国との人々と語り合えるかが重要です。
たとえば、日本アニメの国際的影響力、イギリスの産業革命、アフリカの食糧問題などについてです。
国際ビジネスの知識と世界の歴史文化とを互いにリンクさせて考えることで得られる先見性、それがグローバル化社会のリーダーに求められているのです。

国際教養コースで目指すのはそのような国際人です。

<パンフレットより>