2017年度学部共通科目「総合科学入門講座」シラバス


【担当教員】(五十音順)
 餐場和彦(国際政治学) 平井松午(歴史地理学)
 山口 裕之(哲学) 葭森健介(中国史) 依岡隆児(ドイツ文学,比較文化学)

【授業の目的】
 国内外の諸地域では、グローバル化、少子高齢化、健康社会づくり、地域活性化などに関わる地域課題の解決やそのための社会的取組が強く求められています。こうした課題を理解・解決するには,総合的な視点にもとづく研究アプローチが不可欠です。本授業では「総合科学」についての理解を深め,視野を広げることの必要性を通じて,総合科学部で学ぶことの意義を理解します。

【授業の概要】
 授業では,総合科学部(社会総合科学科)が目指す学修の基本理念やプログラム,学びのルール,学術的発想法などについて教授するとともに,総合科学部が取り組むグローバル化や地域連携への理解を深めます。

【到達目標】
1.総合科学部の理念と学習プログラムを理解する。
2.学修や課題探求に求められる基本的態度を理解する。
3.多面的・総合的な視点や論理的思考性の必要性を理解する。


「総合科学入門講座」のページに戻る