▲ホームページへ

研究業績

上野加代子


2013年

    メディア報道:上野 加代子
      「男性の貧困化」と「3歳児神話」が元凶!? なぜ母親たちは実の子を虐待してしまうのか
      http://sys.diamond.jp/r/c.do?qdg_2SRO_93_vow

    著書:上野 加代子
      「児童虐待という問題の構築」庄司洋子編著『親密性の福祉社会学』,東京大学出版会,pp.23-42, 2013年8月.

    著書:Kayoko Ueno
      
Strategies of Resistance among Filipina and Indonesian Domestic Workers in Singapore.
      In Ochiai Emiko, & Aoyama Kaoru(Eds.) Asian Women and Intimate Work. BRILL, pp.239-261, 2013.

    論文:Kayoko Ueno,Love Gain: Transformation of Intimacy among Foreign Domestic Workers in Singapore,
      Sojourn: Journal of Social Issues in Southeast Asia, Vol.28, No.1, March, pp.36-63, 2013.

    その他:上野 加代子
      「書評に答えて」 社会学研究会『ソシオロジ』第57巻第3号 pp162-162, 2013年

2012年

    論文:上野 加代子
      「シンガポールにおける海外出稼ぎ家事労働者の抵抗の諸相」落合恵美子,赤枝香奈子編著『アジア女性と親密性の労働』
       京都大学学術出版会, pp253-281, 2012年2月.

    学術レター:Kayoko Ueno
      
Life Strategies of Migrant Domestic Workers in Singapore, Gender Perspectives, Vol.3, No.3, pp.5-8, 2012.
      

    辞典:上野 加代子
      児童虐待、現代社会学辞典, p538, 2012年12月.

    国際会議:Kayoko Ueno
      “Analysis on Facebook movement among foreign domestic workersWorld Social Forum on Migration,
      Philippine Quezon City: Miriam College, 26-29,November, 2012.

    国内講演発表:上野 加代子
      「ラブ・ゲインーシンガポールの住み込み外国人家事労働者にみる親密性の変容」
      『人類学における家族研究の新たなる可能性』の研究会,日本民族博物館, 2012年12月1日.
      
    その他:上野 加代子
      「外国人家事労働者の休日」『 M-ネット Migrants Network』 No.152, pp8‐9, 2012年8月.
   
    メディア報道:上野 加代子
      Improve maids' work conditions, experts urge, The Straits Times.

2011年

著書:上野 加代子
  『国境を越えるアジアの著書家事労働者――女性たちの生活戦略』 京都大学学術出版会, 京都, 2012年2月.

論文:上野 加代子、吉田 耕平
  子ども虐待の社会学――社会的責務としての子どもの養育 , こころの科学, No.159, pp81-86, 2011年.

論文:Daniele Belanger,Ueno Kayoko, Khuat Thu Hong, Ochiai Emiko
  "From Foreign Trainees to Unauthorized Workers:Vietnamese Migrant Workers in Japan"
  Asian And Pacific Migration Journal, Volume 20 issue No. 1. pp. 31-53.

その他:ダニエル・ベランジェ、上野 加代子、クアット・チュ・ホン、落合恵美子
  「研修生から非正規労働者へ ―なぜベトナム人研修生は「失踪」するのか―
  『M-ネット Migrants Network』No.138, pp.12-13

著書:落合 恵美子、上野 加代子、関泰子 編著
  "21ST CENTURY ASIAN FAMILY"(タイ語)、チュラーロンコーン大学出版会、2011年

2010年

書評:上野 加代子
  「内田良著『「児童虐待」へのまなざし ―社会現象はどう語られるのか―』」
  『ソシオロジ』第55巻2号,社会学研究会, pp.117-125. 

論文:Ueno Kayoko
  Identity Management among Indonesian and Filipina Migrant Domestic Workers in Singapore
  International Journal of Japanese Sociology (Japan Sociological Society)vol.19 . pp.82-97

論文:Ueno Kayoko
  『いま構築されるアジアのジェンダー:人間再生産のグローバルな再編成』pp.121-140
  Asian Gender under Construction: Global Reconfiguration of Human Reproduction
  国際シンポジウム36,国際日本文化研究センター, January 28, 2009.
  International Research Center for Japanese Studies ,Kyoto ,Japan, March, 2010

論文:Kayoko Ueno
  "Strategies of Resistance: Migrant Domestic Workers in Singapore,"
  Asian And Pacific Migration Journal, Volume 18 issue No. 4. pp. 497-517.
論文:上野 加代子
  「児童虐待の社会学」『小児科』 第51(2): 117-124. 

2009年

    その他:上野 加代子
      浅井春夫・松本伊智朗・湯澤直美(編)『子どもの貧困―子ども時代のしあわせ平等のために―』文献紹介
      日本家族社会学会『家族社会学研究』第21巻第1号, p.151
    

国際会議:Kayoko Ueno, Daniele Belanger, Khuat Thu Hong, Ochiai Emiko,
  " Why do Vietnamese migrant workers ‘run away’ in Japan?
  ―Illegal migration as structurally embedded in source and destination countries.
"
  Canadian Council for Southeast Asian Studies conference,
  October 15-18, 2009, University of British Columbia (UBC), Vancouver, Canada
学会発表:上野加代子 
  「トランスナショナル化するライフコース ― −アジアの外国人家事労働者の調査から−
  日本社会学会2009年10月12日 立教大学
その他:上野 加代子
  「家庭内ケア労働者の国際移動」『家族社会学研究』21巻2号, pp195-200.

海外講演:Kayoko Ueno
  ”Migrant Domestic Workers in Asia: The Case of Singapore” May 7, 2009  The University of Western Ontario

国際会議:Kayoko Ueno
  “Strategies of Resistance: Migrant Domestic Workers in Singapore”IRCJS-GCOE Joint Symposium,
  The Asian Gender Under Construction : Global Reconfiguration of Human Reproduction January 8-10, 2009
     At the International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan
著書:清水 新二、上野 加代子
  「第5章 社会問題の理解」『精神保健福祉士・社会福祉士養成基礎セミナー第3巻 社会学 社会理論と社会システム』
  へるす出版.

2008年

    国際会議:Kayoko Ueno
      Lives of Indonesian Ex-Oversears Domestic Workers
      In research project on cross-border marriages and migrant domestic helpers at Vietnam Development Resource Center
      May 9, 2008.

    著書:上野 加代子
      「ネットワークのなかの家族」宮本みち子・清水新二編『家族生活研究』放送大学教育振興会,91-108.

    . 著書:上野 加代子
     「相互作用としての家族」宮本みち子・清水新二編『家族生活研究』放送大学教育振興会 ,pp71-90.

    論文:上野 加代子   
       「抵抗のストラテジー」『立命館言語文化研究』第20巻4号 19-38

研究会:上野 加代子
  「抵抗のストラティジー ―シンガポールの家庭で就労する外国人家事労働者」
  アジア・ライフコース研究会 @愛知県立大学, 愛知
学会:上野 加代子
  「家庭科教育にみる家族関係への過度な焦点化」
  第51回日本家庭科教育学会シンポジウム @静岡大学, 静岡
研究会:上野 加代子
  「インドネシア(チラチャップ)調査報告」
  アジア・ライフコース研究会2008年度第1回研究会 @愛知県立大学, 愛知
研究会:上野 加代子
  「舞台裏のアイデンティティ・ポリティクス―シンガポールにおけるインドネシアとフィリピン外国人家事労働者の調査から」
  2008年度第1回医療社会学研究会例会 @キャンパスプラザ京都龍谷大学, 京都
著書:Kayoko Ueno
  
“Foreign Domestic Workers in Singapore,”Emiko Ochiai and Barbara Molony (eds.), Asia's New Mothers: Crafting Gender Roles
   and Childcare Networks in East and Southeast Asian Societies, London: Global Oriental pp.140-156
.
その他:上野 加代子
  「タイにおけるミャンマー出身の底辺労働者」『M-ネット Migrants Network 』No.113, pp.20-21
その他:上野 加代子
  「国境を越える女性たち――シンガポールで働く外国人家事労働者−」『M-ネット Migrants Network』No.110, pp.22-23

2007年

国際会議:Ueno Kayoko
  Survival Strategies of Migrant Domestic. Workers in Singapore.
  NTERNATIONAL WORKSHOP ON FEMALE LABOR MIGRATION IN GLOBALIZING ASIA: TRANSLOCAL /
  TRANSNATIONAL IDENTITIES AND AGENCIES Jointly organized by Asia Research Institute and the Asian
   Metacentre for Population and Sustainable Development, National University of Singapore, Bukit Timah Campus,
   SEPTEMBER 14, 2007

国際会議:Kayoko Ueno
  Research project on cross border marriages and migrant workers in Japan: Feminization of migration?
  In research project on cross-border marriages and migrant domestic helpers at Vietnam Development Resource
  Center (10 July, 2007 )

論文:上野 加代子
  「児童虐待――リスクの個人管理から社会管理へ」『季刊家計経済研究』No.73, pp. 33〜41

論文:佐竹 文子・上野 加代子・樫田 美雄
  「児童虐待事例のつくられかた -D.スミス「Kは精神病だ」の分析方法を機軸として」
  『徳島大学社会科学研究』第20号,pp.19-36.

著書:落合 恵美子、宮坂 靖子、山根 真理、小林 和美、洪上 旭、上野 加代子
  『アジアの家族とジェンダー』勁草書房
その他:上野 加代子
  「虐待の過去・現在・未来−私たちはどんな社会で子育てをしているの?−」
  『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』No.60, pp.28-35

その他:上野 加代子
  「児童虐待 -ジェンダー・社会階層-」日本臨床心理学会『臨床心理学研究』Vol.14,No.3,pp.34-37.

その他:上野 加代子
  「『こんにちは赤ちゃん事業』で虐待は防げるのか?」
アジア女性資料センター『女たちの21世紀』No.49, pp.24-26.

2006年

著書:上野 加代子、山野 良一、リーロイ・H・ペルトン、村田 泰子、美馬 達哉
  『児童虐待のポリティクス ―「こころ」の問題から「社会」の問題へ』 明石書店
著書:森田 洋司、進藤 雄三、市野川 容孝、上野 加代子、黒田 浩一郎、ピーター コンラッド、斉藤 環
  『医療化のポリティクス ―近代医療の地平を問う』学文社
論文:上野 加代子
  「リスク社会における児童虐待 ―心理と保険数理のハイブリッド統治
  『犯罪社会学研究』 No.31 pp.22-37
著書:落合 恵美子、上野 加代子、小林 和美、藤田 道代、宮坂 靖子、山根 真理、橋本 泰子、呉 梅、藤井 和佐、
      洪上 旭、木脇 美智子、斧出 節子、周 維宏、大和 礼子
  『21世紀アジア家族』明石書店

その他:上野 加代子
  「21世紀アジア家族」京都新聞

2005年

論文:Kayoko Ueno
  「Suicide as Japan's magor export?: a note on Japanese Suicide Culture」
  『Revista Espaco Academico』 Vol.44
その他:上野 加代子
  「21世紀アジア家族 メイドさんのおかげ?」京都新聞
海外講演:上野 加代子
  「The social construction of child abuse in Japan」
  International Forum on Child Welfare @Nevada, USA
国際会議:上野 加代子
  「Foreign Domestic Workers in Singapore」
  Association for Asian Studies @Chicago, USA
海外講演:上野 加代子
  「The social construction of child abuse in Japan」
  St Mary's University @Texas, USA
講演発表(国内):上野 加代子
  「近代家族幻想と児童虐待?問題提起」
  日本フェミニストカウンセリング学会シンポジウム
国際会議:Kayoko Ueno
  “Gender and Class bias in Japanese Child Abuse Prevention Policies,” The
  Woman's World held at Ewha Woman’s University in Seoul, Republic of Korea, June 21, 2005.
その他:上野 加代子
  「21世紀アジア家族 少子化の風景(シンガポール)」
  京都新聞
その他:上野 加代子
  「21世紀アジア家族 頼るべきは親族?」
  京都新聞

その他:上野 加代子
  「児童虐待」解説
  佐々木毅・鶴見 俊輔・富永 健一・中村 政則・正村 公宏・村上 陽一郎 編
  『戦後史大事典』増補新版,三省堂,pp.72-73.

2004年

その他:上野加代子・野村知二
  「『〈児童虐待の構築〉――捕獲される家族』書評に応えて」
  日本解放社会学会『解放社会学研究』(18),pp.155-161, 2004.

博士論文:上野 加代子
  「児童虐待問題の社会学的研究」
  大阪府立大学
学会発表(国内):上野 加代子
  「構築主義の有用性 ―ソーシャルワークと児童虐待の研究において」
  @関西社会学会

報告書:小林 和美・山根 真理・朴京淑・洪上旭・宮坂靖子・藤田 道代・斧出 節子・藤井 和佐・Kua WONGBOONSIN・
       橋本 泰子・上野 加代子・大和 礼子・周維宏・落合 恵美子
  『アジア諸社会におけるジェンダーの比較研究 -日本・韓国・中国・タイ・シンガポールを対象に』
  ,科学研究費補助金(基盤(A)(1)

2003年

翻訳:中河 伸俊上野 加代子、足立 佳美 共訳
  L..マーゴリン『ソーシャルワークの社会構築 ―優しさの名のもとに』
著書:上野 加代子、野村 知二
  『<児童虐待>の構築』
  世界思想社

メディア報道:上野 加代子
  オピニオン「児童虐待と報道」
  毎日新聞

その他:上野 加代子
  Doing Sociology「児童虐待問題の諸鏡像」
  『ソシオロジ』 第48巻第3号,pp.121-126.

その他:上野 加代子・野村 知二
  「児童虐待事例の構成 - 記述のテクニックと解釈モードの選択」
  中河伸俊・北澤毅・土井隆義 編
  『社会構築主義のスペクトラム ―パースペクティブの現在と可能性』
  ナカニシヤ出版

2002年

著書:上野 加代子、小木曽 宏、鈴木 崇之、野村 知二 共編
  『児童虐待の福祉臨床学 ―子供家庭福祉のフィールドワーク』
  明石書店
論文:上野 加代子
  「児童虐待は家族の病理なのか」
  『大阪保険医雑誌』 pp.52-54
論文:上野 加代子、野村 知二
  「児童虐待事例の構成 - 記述のテクニックと解釈モードの選択」
  『社会構築主義のスペクトラム ―パースペクティブの現在と可能性』
  ナカニシヤ出版
その他:上野 加代子
  「児童虐待 ―どこに問題をもとめるか」
  『CAPニューズ』 No.43 pp.1-3
著書:萱村 俊哉、川端 啓之、上野 加代子、後藤 晶子ほか
  『発達健康心理学』
  ナカニシヤ出版

2001年

著書:清水 新二、遠藤 優子、猪野 亜朗、上野 加代子ほか
  『共依存とアディクション ―心理・家族・社会』
  培風館

2000年

著書:清水 新二、伊藤 順一郎、上野 加代子、訓覇 法子
  『家族問題:危機と存続』
  ミネルヴァ書房

その他:上野 加代子
  「社会問題の社会学的アプローチは役に立ったか − 児童虐待問題研究から考える」
  関西社会学会編『関西社会学会のあゆみ − 創立50周年を記念して』pp.50-51.

1999年

論文:上野 加代子
  「児童虐待問題の批判的検討−メディカルな言説を問う−」
  『日本社会精神医学会雑誌』Vol.7, No.3, pp251-253
論文:上野 加代子
  「少子化時代のサバイバル−児童虐待問題からみた「社会福祉の病理」−」
  『現代の社会病理』No.14, pp5-23

その他: 上野 加代子
  「児童虐待への視点− トラウマだけが問題なのか」
  中川淳編 『家族論を学ぶ人のために』 世界思想社 pp.176-177.

その他:上野 加代子
  井垣章二著『児童虐待の家族と社会』文献紹介
  日本家族社会学会『家族社会学研究』第11号,p.137.

その他:上野 加代子
  庄司 洋子 他編,『福祉社会事典』,弘文堂

1998年

論文:上野 加代子
  「Child Abuse in Japan」
  『聖カタリナ女子大学研究紀要』No.10, pp.121-127
論文:上野 加代子
  「The Changing Japanese Family:Policy Implications」
  『聖カタリナ女子大学研究紀要』No.10, pp.129-139
論文:上野 加代子、Pelton H. Leroy、Gil G. David
  「アメリカにおける児童虐待・放置対策の陥穽 −無視された経済的要因 −」
  『社会福祉研究』No.71, pp85-91
著書:和田 修一、大島 巌、青山 陽子、上野 加代子ほか
  『精神保健福祉養成セミナー第15巻 社会学』へるす出版
その他:上野 加代子
  「家族の問題を浮上させる社会のしかけ−家族病理学」
  AERA MOOK『生活科学がわかる』朝日新聞社 p.32

1997年

報告書:畦地 利枝、藤沢 真理子、上野 加代子、下田 正
  「本学学生を対象とした「社会福祉現場実習」調査報告」
  『聖カタリナ女子大学研究紀要』 pp.115-126.

海外講演:Ueno Kayoko
  “The Changing Japanese Family: Policy Implications”Colluquium held at March 20, 1997 presented by Salem State    College Schools of Human Services, Center for Applied Research and Development and School of Social Work

その他:上野 加代子
  「書評に答えて」社会学研究会『ソシオロジ』第42巻第2号,pp.117-119.

1996年

著書:平田 伊和男、竹内 正、上野 加代子、田村 譲
  『学びのネットワーク』有信堂高文社.
著書:上野 加代子
  児童虐待の社会学』世界思想社.

その他:上野 加代子
  日本社会福祉実践理論学会編,『社会福祉基本用語辞典』川島書店.

海外講演: Ueno Kayoko
  “Child Abuse in Japan”Colloquium held at November 6, 1996 in Faculty of the Florence Heller Graduate School for
  Advanced Studies in Social Welfare at Brandeis University

1995年

翻訳:森田 洋司、清水 新二、上野 加代子ほか
  「T.ハーシ『非行の原因−家庭、学校、社会へのつながりを求めて』」
著書:上野 加代子、大島 久雄、酒井 一郎、杉井 潤子、山根 真理
  『家族を考える本』福村出版.

その他:上野 加代子
  有地亨著『家族は変わったか』文献紹介
  日本家族社会学会,『家族社会学研究』第7号, p.68.

1994年

論文:上野 加代子
「児童虐待の社会的構築−言説にみる問題の帰属−」
『ソシオロジ』Vol.39, No.2, pp.3-18

1993年

その他:上野 加代子
  「ラベリング」解説
  日本社会福祉実践理論学会編『改訂版社会福祉実践基本用語辞典』川島書店 pp155-156.

その他:上野 加代子
  「四季録」愛媛新聞

1992年

論文:上野 加代子
  「社会救済家としての子どもたち」
  『青少年問題研究』No.41, pp.63-75
論文:上野 加代子
  「専門家の台頭と家族の失墜−アメリカにおける児童虐待−」
  『現代の社会病理Z』pp.155-187

1991年

報告書:牧園 清子・上野 加代子
  『女性問題に関する市民意識調査報告書』松山市役所女性政策室

1990年

紀要:上野 加代子
  「Japanese middle aged women without spouse ---Where does the vulnerablility lie?---」
  『聖カタリナ女子大学研究紀要』No.2, pp.65-79
その他:友田 泰正、石山 勝巳、岡田 隆介、上野 加代子、新宅 博明、長谷川 孫一郎、畠山 勝美、
  村山 正治、片山 義弘
  『家庭崩壊』
  同朋社出版

その他:上野 加代子
  配偶者選択過程(「青少年の性意識と性行動」、「デート」、「配偶者選択のメカニズム」、「見合い結婚・恋愛結婚」、
  「婚約」)
  日本家政学会編『家政学事典』朝倉書店pp.106-108.

1989年

論文:上野 加代子
  「中高年女性のネットワーク−有配偶と無配偶の比較分析−」
  家族問題研究会『家族研究年報』No.14, pp.73-86

1988年

報告書:本村 汎・山本 祥子・上野 加代子・山根 真理・内田 昌江
  『さかい女性の現状 − 中高年女性の問題をさぐる』
  堺市人権啓発局婦人政策室

1987年

論文:上野 加代子、本村 汎
  「世代間関係と老親のモラールに関する研究」
  大阪市立大学生活科学学部紀要『社会福祉学』Vol.35, pp.461-469
その他:上野 加代子、本村 汎
  「配偶者選択に影響する諸要因の研究」
  日本家政学会家族関係部会『家族関係学』No.6, pp.7-14

1986年

論文:上野 加代子、本村 汎
  「シンガポールの親族関係の研究−その希薄化阻止メカニズムの解明に向けて−」
  大阪市立大学生活科学学部紀要『社会福祉学』Vol.34, pp.401-418

1985年

翻訳:上野 加代子・白澤 政和
  『家族,ソーシャルサービス,その他の支援システムの歴史的・今日的状況』
  京都国際社会福祉協力会『国際社会福祉情報』第9号,pp.28-35.

▲ホームページへ