プロフィール

團 昭紀(だん あきのり)
徳島大学産業院 客員教授
th_150406ワカメ観察とクルクル美波のフタ - 05
1954年徳島県生まれ。
長年勤めた徳島県庁を平成27年3月末で退職。県庁生活のうち半分以上、試験研究業務に従事できたという幸せな人間です。
博士(水産学)、技術士(水産部門)。
スジアオノリ人工採苗技術の開発等により、日本一の生産量を誇る吉野川でのアオノリ養殖業に貢献。アオノリの他に、ワカメ、モズクなどの海藻養殖、藻場造成などが専門。主な著作「有用海藻誌、アオノリ類」(共著、内田老鶴圃、2004年)。50歳以降は、ずっと管理職という仕事をやってきたので研究の実務を忘れていました。やっと解放された現在、今まで暖めてきたアイデアを試すことができるとワクワクしています。