徳島大学総合科学部社会創生学科  環境共生コース

本文へジャンプ


環境共生コースについて
「生命・環境・共生」をキーワードとして、基礎的な生命現象や生物と環境の関係、人間と環境問題に関する広い視野を土台に、生命科学や環境科学などの専門分野における深い知識、高い技術、正確な分析力を持って、社会の様々な問題に対応できる人材を育成することを目指しています。

環境問題に関心のある人、自然保護に携わりたい人、生物・自然の好きな人、食品・栄養に興味のある人、微生物に興味のある人、生物の発生・進化に興味のある人、遺伝子やタンパク質を研究したい人、化学分析に興味のある人などが本コースに向いています。

コースの特徴
①生命科学と環境科学の幅広い知識と技術を学ぶ
自然科学の諸分野の中でも地域環境と結びつきの強い生命科学及び環境科学を中心に幅広い知識と技術を学びます

②自然環境と人間の共生科学を学ぶ
自然環境と共生した持続可能な社会の創生に寄与するため、環境に関する豊かな知識、高い技術、正確な分析力、正しい倫理観を学びます

③文理融合型の環境共生学を学ぶ
地域科学の諸現象や諸課題は多様に絡みあっており、その解決には一分野における深い専門的な知識や技術のみならず、幅広い知識と応用力・調整力が不可欠です。本コースでは、「文理融合型のカリキュラム」を用意し、理系だけでなく、文系の視点からも環境問題を学びます

学科・コースと文系理系の位置付け(受験生向け)
総合科学部は3学科、7コースで構成されています。人間文化学科には国際文化コースと心理・健康コースがあり、社会創生学科には公共政策コース、地域創生コース及び環境共生コースの3コース、総合理数学科には数理科学コースと物質総合コースがあります。
これら7コースのうち、国際文化、心理・健康、公共政策、地域創生の4コースは文系であり、環境共生、数理科学、物質総合の3コースは理系です。

環境共生コースは社会創生学科の他のコースと違って、理系のコースです

総合理数学科の2コースはともに理系ですが、主な専門領域は数学や情報科学、物理学、化学、地球科学であり、生物学は含まれていません。生物学や生命科学を主な専門領域としているコースは環境共生コースしかありません。
総合科学部の入試(前期、後期)は文系と理系があり、理系の中でも社会創生学科か総合理数学科が選択できるようになっています。

生物学や生命科学を学びたい方は、理系(社会創生学科)を選択して受験してください。(概要はこちら

総合科学部の学生は最終的に各コース(の各研究室)に所属することになります。生物に関することを学びたかったのに総合理数学科に入学してしまったという事例もあるので、入試時の学科選択は慎重に行ってください。


 Copyright © Faculty of Integrated Arts and Sciences,The University of Tokushima All Rights Reserved.